銘柄分析
PR

【霞ヶ関キャピタル】株価上昇の理由は?4年でテンバガー達成の背景を考察

8656s384
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
無料アプリで隙間時間に情報収集

今話題のmoomoo証券!

こいち
こいち
  • スマホから手軽に相場の全体像を把握
  • ヒートマップで業種別パフォーマンスがわかる
  • 個別株の分析がパソコンなしで可能
moomoo証券

4年でテンバガー、直近1年でも4倍以上に株価急騰中の霞ヶ関キャピタル。好調な決算がサプライズと捉えられたことや、好調な不動産の取得・売却の情報が大きな手がかりとなっていると考えられます。

今回はその背景や霞ヶ関キャピタルの詳細について考察を行なっていきます。

こんな人におすすめ
  1. 霞ヶ関キャピタルの投資判断に悩んでいる
  2. 霞ヶ関キャピタルの株価上昇理由が知りたい

霞ヶ関キャピタル 会社概要

不動産コンサルティング業

2015年設立、不動産コンサルティング業一本で事業を展開する企業。不動産開発を対象とした「投資プラットフォーム」を提供しています。

こいち
こいち

元は自然エネルギー事業との2本立てでしたが、事業は継続してるものの社内リソースを考え、セグメントを統合するなど情勢に合わせた柔軟な経営は同社の強み

ビジネスモデル

通常は土地を仕入れてから建設を行い、利益回収までには3年程度を要するのに対し、同社は土地購入後約6ヶ月で売却。その後はコンサルティングをフィーを得る。といった高回転・高効率・低リスクなビジネスモデルを築いています。

アセット比率

アセット
  • 物流:冷凍冷蔵倉庫、冷凍自動倉庫など物流施設開発
  • ホテル:「FAV HOTEL」ブランドを展開
  • ヘルスケア:新規ヘルスケア施設を供給する開発主体
  • その他:ドバイを中心に東南アジアでの海外事業

セグメントは不動産コンサルティング業単体で事業を展開。23/8末時点のアセット別パイプラインの比率は上図の通りで、物流施設の開発比重が高くなっています。

海外比率

日本国内での売上が9割以上を占めるため、海外売上は公開していません。

霞ヶ関キャピタル 過去業績

売上/営業利益率

業績上昇/下落理由

物流事業とホテル事業が順調に拡大し、販売用不動産の売却が増加。海外事業で売却益を計上したことも相まって業績は急拡大中となります。

こいち
こいち

インバウンド増加によるホテル需要や、物流の2024年問題による物流施設の需要などニーズを的確に捉えています

EPS/ROE

着眼点
  • EPSは上昇傾向
  • ROEは8%を継続的に超えているか(8%未満の場合は上昇傾向かどうか)
  • 資本政策に積極的に取り組んでいるか

企業価値向上策/資本政策

ROE/EPSともに右肩上がり。株主還元も増配に加え、株主優待もつけるなど株主に配慮したものとなっています。

こいち
こいち

中期経営計画は5ヵ年計画を4カ年に短縮するなど想定を上回るペース!高成長の中でも株主還元も積極的

自己資本比率/フリーキャッシュフロー

※23/8末時点
  • 有利子負債比率:254.32%
  • 有利子負債額:281億円
  • 現金等:58.9億円
  • 流動比率:231%

財務の健全性は?

用地の取得などに資金を要するため有利子負債は多く。積極的に投資に回していることからもキャッシュフローは赤字続きですが、流動比率は高く短期的な資金確保は問題ありません。

配当/配当性向

※2024/05/02時点
  • 配当利回り:1.05%
  • PER:28.36倍
  • PBR:6.97倍
  • 総還元性向:32.4%
  • 株主優待制度:あり

株主還元方針/配当政策

経営成績期や配当性向等を総合的に勘案し、将来的かつ継続的な配当を維持することを基本方針としています。

こいち
こいち

24/8期は好調な業績に加え、プライム市場への上場記念配も加わり大増配を予定

株主優待

株式保有数と保有期間に応じて株主優待ポイントを贈呈。専用サイトでオリジナル商品などと交換することができます。詳しくは会社HPをご確認ください。

霞ヶ関キャピタル 株価推移

2024/05/02を起点とした直近1年のパフォーマンスは上図の通り。ほぼほぼ右肩上がりに上昇を続けており4年でテンバガー達成。さらには1年で4倍以上に株価が急騰。直近1年の株価上昇理由は以下の通りです。

24/8期予想を好感

2023年10月頭に通期決算を発表し、株価が急騰。24/8期予想が営業利益前期比91%増で年間配当も倍増を予想するなど、当初の中期経営計画での5ヵ年計画を1年前倒しするペースの業績伸長がサプライズとなりました。

こいち
こいち

その後は12月に増資を発表したことで下落もしましたが、すぐに持ち直しています

レオスキャピタルの保有割合上昇

2024年1月末にはレオス・キャピタルワークスの保有割合が上昇したことが判明し、需給思惑的な買いが増え、株価が上昇。

その後も用地の取得や不動産売却の発表など、業績上昇への手がかりが発表されるたびに株価が上昇する展開が続いています。

こいち
こいち

ただ、4月以降はやや下落トレンドにも見えるので反動には注意したいですね

霞ヶ関キャピタル まとめ

ポイントまとめ
  • 独自のビジネスモデルで上場後、業績は右肩上がりに上昇中
  • 成長段階ながら株主還元にも意欲的で大幅増配、株主優待付き
  • 24/8期大幅増益のサプライズ決算や、その後も業績上昇への手がかりをもとに株価は大きく上昇中
あわせて読みたい
低PBR対策次第で大化け期待の銘柄!【高配当MAG.厳選】
低PBR対策次第で大化け期待の銘柄!【高配当MAG.厳選】
免責事項はこちら
  • 本ブログは株式購入の勧誘や推奨を行うものではありません。何らかの保証・約束するものではありませんので、投資判断はご自身でご判断いただきますようお願いいたします。
  • 本ブログで紹介している数字やグラフは、信頼できると判断した情報に基づいて作成しておりますが、その情報の正確性を保証するものではございません。
  • 本ブログは、予告なしに内容が変更・削除等されることがあります。
  • 本ブログに掲載している情報は、その時点で調査した情報であり、時間の経過とともにその情報が陳腐化している可能性がございます。その場合もいかなる責任は負いかねますのでご了承ください。
Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
こいち
こいち
投資家/コンサル
投資家ブロガー(投資歴5年)/日米高配当株を中心に個別株に投資中/経歴:大手メーカー→スタートアップ→外資IT→コンサル(独立)

年間配当額は50万円オーバー!2023年10月末時点でポートフォリオの評価益は30%超え。過去持ち株の無配転落を機に銘柄選定を強化中
記事URLをコピーしました