銘柄分析
PR

【K&Oエナジー】株価上昇の理由は?同じくペロブスカイト関連伊勢化学との違いや将来性は?

8656s384
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
無料アプリで隙間時間に情報収集

今話題のmoomoo証券!

こいち
こいち
  • スマホから手軽に相場の全体像を把握
  • ヒートマップで業種別パフォーマンスがわかる
  • 個別株の分析がパソコンなしで可能
moomoo証券

ペロブスカイト関連銘柄として注目を集めるK&Oエナジーグループですが、伊勢化学工業との違いは資本効率にあります。足元ではFITでペロブスカイトが優遇されるとの報道から両社株価上昇してますが、その違いなどを解説していきます。

こんな人におすすめ
  1. K&Oエナジーへの投資判断に悩んでいる
  2. K&Oエナジーの株価上昇理由が知りたい
  3. ペロブスカイト関連銘柄を探している

K&Oエナジーグループ会社概要

エネルギー企業

天然ガス開発から都市ガス供給まで一貫して提供するエネルギー会社。ヨウ素の生産・販売でも世界有数の企業とされています。

2014年に関東天然瓦斯開発と大多喜ガスの共同株式移転によって設立された持株会社であり、日本一の水溶性天然ガス生産地である千葉県に本社を構えています。

事業ポートフォリオ

セグメント詳細
  • ガス:天然ガスの開発・販売、都市/LPガスの販売
  • ヨウ素:かん水の販売、ヨウ素及びヨウ素化合物の製造・販売
  • その他:建設事業、ガス機器等の販売、地質・水質調査など

ペロブスカイト関連銘柄

日本の要素生産量は南米チリに次いで世界第2位。K&Oエネルギーは国内ヨウ素の約15%、世界生産量の約5%を担っているとされます。このヨウ素は注目の次世代型「ペロブスカイト」太陽電池に欠かせない素材として注目を集めています。

こいち
こいち

伊勢化学工業と事業領域がバッティングしていることが分かります。

あわせて読みたい
【伊勢化学工業】配当上方修正で5期連続増配!ペロブスカイト太陽電池向けで注目の銘柄?
【伊勢化学工業】配当上方修正で5期連続増配!ペロブスカイト太陽電池向けで注目の銘柄?

海外比率

日本国内での売上が9割を超えるため、有価証券報告書において海外における売上は公開していません。

こいち
こいち

ヨウ素は海外への輸出が大半と有報に記載がありましたが、ガス事業が国内メインだからのようです。

K&Oエナジーグループ過去業績

売上/営業利益率

業績上昇/下落理由

2023年はガスの販売量こそ減少したものの、ヨウ素の販売価格が上昇したことにより増益となりました。2024年はヨウ素価格が一服し、減益となる予想を発表しています。

こいち
こいち

ただ、2023年も減益予想から上方修正してるので、予想が保守的という見方も…

EPS/ROE

着眼点
  • EPSは上昇傾向
  • ROEは8%を継続的に超えているか(8%未満の場合は上昇傾向かどうか)
  • 資本政策に積極的に取り組んでいるか

企業価値向上策/資本政策

ROEが低いことに対し、積極的投資や継続的な株主還元の充実をさせていくとはしてますが具体的な数値などに関しては示していません。

こいち
こいち

株主資本コスト4〜5%と低く見積もっているあたりも少し気になるところ…

自己資本比率/フリーキャッシュフロー

23/12末時点
  • 有利子負債比率:1.03%
  • 有利子負債額:9.26億円
  • 現金等:225億円
  • 流動比率:239%

財務の健全性は?

有利子負債以上に手元に現金を有しており実質無借金経営となります。自己資本比率も80%と高く、財務の懸念は全くありません。

こいち
こいち

有価証券も多くROEを下げる要因となってるため、資本政策にも期待したいですね。

配当/配当性向

※2024/03/27時点
  • 配当利回り:1.33%
  • PER:17.45倍
  • PBR:0.89倍
  • 総還元性向:15.7%
  • 株主優待制度:なし

株主還元方針/配当政策

経営基盤の基礎となる内部留保の充実と継続的な安定配当を基本方針としています。その上で中長期の連結業績、DOE、フリーCF等を総合的に勘案し、継続的な株主還元の充実をめざとしています。

こいち
こいち

DOEの目安などは公表しておらず。ただ、設立以来一度も減配はなく、増配傾向です。

あわせて読みたい
DOE(株主資本配当率)とは?DOEのメリット/デメリットとおすすめの銘柄を紹介
DOE(株主資本配当率)とは?DOEのメリット/デメリットとおすすめの銘柄を紹介

K&Oエナジーグループ競合比較

伊勢化学との違い

競合の伊勢化学工業と比較すると売上は4倍以上、営業利益も2倍近く上回っていますが、時価総額の差はさほど無く。稼いでいる額に対しては割安に評価を受けていることがわかります。

要因として考えられるのがROE(資本効率)の低さです。K&Oエナジーは手元の現金の多さや、政策保有株式も多いため、資本を有効的に使いきれておらず、評価を落とす要因になっていると考えられます。

こいち
こいち

ROEの低さを認識はしてますが、何か劇的に変わる雰囲気はIR資料からは感じません。

K&Oエナジーグループ株価推移

直近1年は日経平均をアンダーパフォームする期間が長かったですが、2024年3月に株価が急上昇。主な要因は以下のとおりです。

株価上昇理由

2023年末にかけて「ヨウ素」を増産すると報じられたことから株価がじわじわと上昇。2024年3月にはFITで「ペロブスカイト型」を優遇すると報じられたことにより、ペロブスカイト太陽電池の主原料であるヨウ素を製造する同社に注目が集まりました。

FITとは再生可能エネルギーの電力を高く買う固定買い取り制度のこと

こいち
こいち

同業の伊勢化学の上昇率は特に凄まじいですね。

K&Oエナジーグループまとめ

ポイントまとめ
  • 日本の15%、世界の5%のヨウ素生産を担っており、ペロブスカイト関連銘柄として注目
  • ヨウ素の販売価格上昇により、2023年は利益率大幅上昇
  • 実質無借金経営で財務盤石も、資本効率に課題
  • 伊勢化学よりも会社規模は大きいが、資本効率の違いにより市場での評価は劣る
  • FITでペロブスカイトが優遇されるとの報道から、足元では株価上昇中
あわせて読みたい
【伊勢化学工業】配当上方修正で5期連続増配!ペロブスカイト太陽電池向けで注目の銘柄?
【伊勢化学工業】配当上方修正で5期連続増配!ペロブスカイト太陽電池向けで注目の銘柄?
免責事項はこちら
  • 本ブログは株式購入の勧誘や推奨を行うものではありません。何らかの保証・約束するものではありませんので、投資判断はご自身でご判断いただきますようお願いいたします。
  • 本ブログで紹介している数字やグラフは、信頼できると判断した情報に基づいて作成しておりますが、その情報の正確性を保証するものではございません。
  • 本ブログは、予告なしに内容が変更・削除等されることがあります。
  • 本ブログに掲載している情報は、その時点で調査した情報であり、時間の経過とともにその情報が陳腐化している可能性がございます。その場合もいかなる責任は負いかねますのでご了承ください。
Twitterからの読者コメントをお待ちしています。
ブログ更新の励みになります!

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
こいち
こいち
投資家/コンサル
投資家ブロガー(投資歴5年)/日米高配当株を中心に個別株に投資中/経歴:大手メーカー→スタートアップ→外資IT→コンサル(独立)

年間配当額は50万円オーバー!2023年10月末時点でポートフォリオの評価益は30%超え。過去持ち株の無配転落を機に銘柄選定を強化中
記事URLをコピーしました